ナールフェイスデザイン正規店

NARLフェイスデザイン(トップ) > ご質問と回答

NARLフェイスデザインのよくあるご質問と回答

本ページに記載の無いNARLフェイスデザインのご質問に関しましては、通話無料のコールセンターまでお気軽にお問い合わせ下さい。

Q NARL超音波って何?

「NARL(ナール)超音波」、正式名称「NorAdrenalin ReLease(ノルアドレナリンリリース)超音波」は、 周波数517KHz・最大強度110mW/c㎡という特殊な微弱超音波を用いた、日本・米国・中国・カナダ・韓国で特許も取得している技術です。
※NARL超音波は、三輪サイエンスの特許です。
日本特許番号第3416909 米国特許番号第6450979 中国特許番号ZL98813496.9 カナダ特許番号第2319583 韓国特許番号第10-0556060

Q EMSって何?

EMSは「Electrical Muscle Stimulation(エレクトリカル・マッスル・スティミュレーション)」のことで、電気で筋肉を刺激して筋肉収縮運動を目的としたものです。

Q MICRO.(マイクロカレント)って何?

マイクロカレントとは、極めて微弱なマイクロ電流を流す方法で、肌にあてます。目のまわりや口元、ほほなどフェイシャルに最適です。

Q 同じ箇所に、長時間NARLモードを行っても良いの?

同じ箇所に長時間超音波を当てる必要はありません。「NARL超音波」の特性上、10分以上ご使用されても、効果は変わりません。1部位につき10分の超音波照射を守り、位置を移動させて超音波を照射されることをお奨めします。
また、安全性においては問題ありませんが、1回の照射は合計20分(1部位につき10分間×2箇所)以内、1日合計40分以内にしてください。なお、1回目と2回目の間は、必ず2時間以上の間を空けてください。

Q 長時間EMSを行っても良いの?

EMSを使用するのは、長くても1回30分以内にしてください。また、1日の合計は、2時間以上の間を空けて60分以内にしてください。同じ箇所に長い時間ご使用を続けますと、筋肉疲労や皮膚トラブルを起こしたり、体調を損ねる恐れがありますので、お止めください。

Q NARL超音波とEMSを同時に使用しても良いの?

NARL超音波の技術と、EMSの筋肉運動による代謝の促進が同時に行えますので、より効率的です。
ただし、同時に使用する際でも、指定の使用時間は守ってください。

Q NARLモードを、毎日行っても問題はないの?

全く問題はありません。むしろ、継続的に行ってください。
ただし、NARL超音波の性能を十分に発揮するために、「長時間の照射」ではなく、「広範囲の照射」を心がけるようにしてください。
NARL超音波を照射した後、70分以内に20分程度の有酸素運動を行うことをお奨めいたします。運動することにより、ナール効果を高めることができます。

Q パッドが、熱くなってしまうのですが?

超音波の特性上、トリートメントの部位やパッドは温かくなります。「温かい」ではなく、「熱い」と感じた場合、ただちに使用を止めて、パッドと部位を十分冷ましてください。なお、パッドは常温で冷ますようにしてください。

Q NARLモードに、効率的な時間帯はあるの?

血中のエネルギー源が少ない食前のトリートメントをお奨めいたします。

Q EMSの出力は、強いほど良いの?

使い始めの1~2週間は、筋肉が動くのを感じる程度の強度でお使いください。
慣れてきましたら、筋肉が収縮していると感じる強度まで徐々に上げていってください。痛みを伴う強度でのご使用は、お止めください。
強過ぎる刺激は、逆に筋肉疲労や皮膚トラブルを起こす恐れがありますので、お止めください。

Q 粘着シートが無くなってしまったのですが・・・

通話無料の「安心コールセンター」にてご購入が可能です。
新しい粘着シートをご購入頂くまでの期間は、粘着シートに水分を十分含ませて、手のひらでしっかり固定し、パッドと肌面の密着度を維持してください。パッドと肌面が完全に密着しておりませんと、本製品の機能を十分に発揮できない場合があります。粘着シートは、本製品をご使用頂く上で非常に大切なものです。
無くなる前にご購入されておくことをお奨めしています。

Q 長期間使用しても、全く効果が現れないのですが・・・

使用方法を、再度ご確認ください。本取扱説明書の指示通り超音波照射を行っていても全く効果が現れない方は、肥満の原因が遺伝や体質によるものか、生活習慣によるものかを、専門家の診断を受けて判断して頂くことをお奨めしております。
また、必要であれば専門家の指導を受けてください。

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子