コンデンス除湿機は優れた乾燥能力

除湿機は生活必需品

お部屋の湿度を低く保つことで、実はカビや菌などの繁殖抑制に役立つのです。除湿機を上手く活用すれば、カビ菌発生、活動、カビ菌の繁殖を抑えるのに役立ち、お部屋のカビ掃除の手間も大幅に短縮させることも可能です。

その他、洗濯物を早く乾かすための乾燥機として、冬に窓の桟に発生する結露防止、雨季のジメジメ解消、水虫の感染しやすい環境を避けることなど、除湿機の活躍する場所は非常に広いです。

除湿機を上手く活用し、快適な生活をしましょう。

除湿機を活用して、カビの生えやすい環境を無くす

お風呂場や洗面台など、水気がある環境にはカビが生えてしまいますね。カビは水分・湿度が大好きです。湿度が高い環境には、カビや雑菌が活発に活動してしまいます。

そのため、水があるお風呂場や、流し台、洗面台などはカビが生えやすい環境になってしまいます。このカビ掃除、大変ですね。一度発生してしまったカビは、カビの根が張ってしまうとなかなか落せないものです。

洗剤を使って、お風呂磨きで擦っても、カビをキレイに落すのは大変です。カビが生える前だったら、除湿機を使いましょう!除湿機は、カビが好きな環境、湿度の高い環境を無くします。

お風呂場でも流し台でも、除湿機を稼動させて水分を取ってしまえば、カビが生えなくなります。カビは水分が無い環境には生きられないと言われています。

カビの好きな環境、湿度の高い環境を作らなければ、カビ対策は万全です。能率良くお風呂掃除を終らせることができます。

除湿機でカビから衣類を守る!

衣類を収納しているタンスにも、除湿機や除湿剤が使われています。湿度がある環境は、カビの菌が活動しやすく、カビが集まってしまった衣類はシミが付いてしまったり、痛んでしまったりします。

タンスは通気性も悪いので特に湿度が溜まりやすく、カビが発生してしまいやすいので、除湿機を使って湿度を下げる必要があります。大切な衣類をカビで台無しにしたくありませんね。

除湿能力の高いコンデンス除湿機を稼動させているお部屋なら、雨の多い梅雨にも安心です。

結露防止にも使えるのは、除湿能力の高い除湿機だけ!

コンデンス除湿機は、お部屋の室温に関係なく能率良くお部屋の湿度を下げてくれます。一般な除湿機は、気温が下がると除湿能力が衰えてしまいます。

室温が低い冬場には、除湿能力が下がってしまい、結露防止には使えない除湿機が殆どです。しかし、コンデンス除湿機は違います。

コンデンス除湿機は、お部屋の温度に関係なく、高い能率でお部屋の湿度を下げてくれます。そのため、冬場の寒いお部屋でも、結露防止に役立ってくれます。

結露とは、窓や窓のレールに表れる水滴です。除湿機でこの結露の発生を抑えましょう!この結露によって、木造の家は痛んでしまうと言われています。

結露によって発生した水滴が、木造の家の柱に染み込み木造住宅の強度を弱めてしまう可能性もあると言われています。結露が無くても、湿気が多い状態が続いている木造の家は、傷みが心配ですね。

除湿機で梅雨対策

梅雨の季節、6月頃は食べ物が腐りやすい時期ですね。梅雨の季節には、食中毒になってしまう人も多いと言われています。

食べ物が腐りやすくなってしまう原因は、高温多湿の環境によって、雑菌やカビ菌が活発に活動、繁殖を続けてしまうからと言われています。

とにかく、梅雨の季節、湿度が高い季節、食べ物が早く腐ってしまう季節は嫌なものですね。除湿機を上手く活用し、生活しやすい環境を保ちましょう!

コンデンス除湿機のページへ

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子