弊社の経営理念など、様々な質問にお答え致します。

Q1  「商品販売が中心」とありますが、ホームページ自体の受注制作はしないのですか?
Answer 

依頼はありますが、ほとんど受注制作はやりません。理由は2つです。

理由1 

 商品を販売した方が利益が高いからです。

理由2 

 依頼の制作は相手の希望デザインになります。嫌なデザインや、納得いかない文言も商売ですので書かねばなりません。また、相手先は高いお金を出すのでいろいろ無理な要求が多くなります。

 しかし、自社サイトは相手先がいませんので自分たちの好きなようにデザインでき、自分たちの信念に基づいた文章を書きます。

 よく履歴書に「クライアントの求めるデザインを作ることに喜びを・・・」という自己PRを見ますが現実は甘くありません。あなたがデザインするなら、自分の好きなデザインと、他人の無茶な要求とどっち楽しいでしょうか?



Q2 ウェブデザインやホームページ作成の仕事がこの業界では、大幅に減少していると聞きますが、実際はどうでしょうか?
Answer 一般的に言ってホームページ受注制作を主業とする会社は困っている所が多いかも知れません。理由は大きく以下の3つでしょう。
理由1  ソフトの発達により自社の社員でも十分作れるので外注しない。
理由2 

一時期「ホームページ作成が金になる」というブームが起き、事業が乱立し、安売り合戦が繰り広げられ価格破壊になった。

理由3 

「高い金額を支払ってホームページを作っても、大して利益でない」ということに企業側が気づいています。利益が見込めなければお金は出せません。

 注文が来なければ、企業は存在できず「今いるデザイナー」もやむなくリストラせざるをえません。事実ウェブデザイナーは世の中にたくさん溢れています。一般論ですが、「企業のホームページの制作を請け負う」という業種は、今後極めて厳しい時代に向かう傾向にあると言えます。

Q2-2 その点について御社の実情はどうですか?
Answer  弊社では、自社サイトで商品を販売しており、商品別にホームページを作成しています。販売方法はどれも同じですから、あとは扱う商品を増やすだけです。 世の中に商品は星の数ほどありますので、「お客様に紹介できる良い商品」を選んで商品ごとにホームページを作成します。つまり今後作成するホームページの予定数は無制限です。

 また、ウェブデザイナー側はから見て、受注制作の企業で働く場合、注文の数で自分の職や会社の命運が左右され、「注文の数はコントロール不能」で大変不安になります。

 しかし、弊社の売り上げは「商品」であり、その商品の売り上げをコントロールするのは「あなた自身の知恵と能力とやる気」です。つまり、自分の地位や職を自分の力で確保でき、頑張れば実績に応じて収入にも大きく反映します。



Q3 なぜ、御社では商品が売れるのですか?
Answer  一番の理由が「弊社独自の5万人以上の会員」がいます。入社されるとわかりますが、「お客様の信用」を大切にしてきましたので、本当に様々な商品をたくさん買ってくれます。大変ありがたいことで私どもの誇りでもあります。

また、お客様の反響(「○○はお宅で買えないの?」)をもとに売るべき商品を選び、一番人気の商品から専門サイトを作成していますので「はずれ」がありません。

また、それらのホームページは一般公開もしています。当然広告をかけ、様々な集客努力をしていますので新規のお客様もたくさん増えています。



Q4 自分の好きな商品を販売することもできますか?また、分野は限られますか?
Answer  もちろんできますやはり、気に入った商品ならウェブを作成する側も心がこもりますし、相手にもそれが伝わります。

また、弊社の主力商品のほとんどが「実際スタッフが使用している」商品です。その為、お客様からの質問も「メーカーより詳しく答える」ケースが多く、それがまた「お客様の信頼」を得ているとも思います。使っていれば詳しいのは当然です。弊社では、「自分たちが使用して、良いと思えなかった商品」は販売しておりません。

 商品の分野ですが、お客様が喜ぶものであればなんでもチャレンジしています。ただし、会社の「品格やイメージを落とすモノ」は一切扱いません。



Q5 商品開発や交渉などしないで「自由に好きなデザイン」がしたいんですが...。
Answer  自社サイトですから実力とセンスが認められれば一般企業より自由度は高いと思います。当然、仕事なので「完全な自由」ではありません。しかし、「自由を拡大」することは可能です。

 どんな分野でもビジネスである以上、結果を問われます。その結果を出した人が信頼され、自由度も認められます。



Q6 仕事の楽しさは、どんなところにあるでしょうか?
Answer  たくさんありますが、新商品のホームページを手がけて初めて注文が来たときはいつもいつも感動します。特に開発から手がけた場合の思い入れは、我が子のようにかわいく思います。実際に使用し、「この機能をアピールしよう!」、「この便利を伝えたい!」など、たくさんの思いをめぐらせながら制作しております。

アップしたときは、「誰も買ってくれなかったらどうしよう・・・」という不安もありますが、いざ注文がくると、「わかってくれましたか!!本当にいいんですよこれは!」という気持ちになり達成感と感謝の気持ちで舞い上がります。(やればわかりますよ)




sij8ショップ一覧


株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子