補聴器具 みみ太郎

みみ太郎は補聴器です

補聴器とは、聞き取りの不自由な障害を持つ方の聞き取りを助ける補装具です。 初期の補聴器はお弁当箱くらい大きかったらしいです。これが1960年代のことです。

それから煙草の箱くらいに小さくなったのです。いずれも、バッテリーや受信部が箱に 入ったものをポッケに入れていたようです。これが1970年代です。

外耳に引っ掛けるような形になった補聴器が登場したのが1980年代のことです。 これは器具の中にバッテリーや受信部が入る形になりました。

1990年代頃になると耳の内部に入れるようなタイプの補聴器が誕生しています。

従来の補聴器は

現在は多くの補聴器がありますね。多くの方の使用している補聴器はデジタル補聴器で調整型 補聴器と呼ばれています。この補聴器を調整するには高い経験に技術が必要となってきます。

人の耳はいつも違うのです。その都度その都度お店に行って調整をしなければなりません。 なぜ補聴器の調整には経験が必要なのか?それは調整する人が人の耳の聞こえ具合を分からない からです

なので調整する人は測定器の情報や補聴器を使う人の反応を見て調整を行うという非常に 高い技術が必要です。これが補聴器の値段がかなり張る物になっている原因の一つです。 又、そのような技術者もすくないのです。

補聴器であるみみ太郎のすごい所

上記で述べた調整型の補聴器と使用者が音量や音質を調整できるような機器は無調整型と言われます。

みみ太郎は無調整型の補聴器なのです。これは取り扱いも簡単で調整に必要な費用もいりません。 ですので耳に合うようであればみみ太郎がお勧めなのです。

みみ太郎は充電式の電池を使っていますので経済的ですし、調整型のデジタル補聴器より音質も 聞こえも良い事が多いです。



みみ太郎(SX-008)片耳タイプ
75,600(税込)
【期間限定おまけ付き】
 
▲ここからお選び下さい

みみ太郎(SX-008W)両耳タイプ
88,200(税込)
【期間限定おまけ付き】
 
▲ここからお選び下さい



>トップページに戻る


ミョウケンサンザのご利用方法
お支払い方法の詳細はこちら
当店のご利用ガイドはこちら
時間帯お届けサービス

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子