「デジヴォ」会話能力を向上

デジヴォで会話能力を向上。聞き上手能力も。

人と会話をするとき、相手の声を聞きますね。相手の声を聞き、話している内容を理解することでコチラも返答ができ、会話になります。会話には、人の話を聞き理解する能力が欠かせません。

相手の話言葉や話し方によっても違いはありますが、話し相手が話している内容を正しく聞き取り理解できなければ、会話にもなりません。

もしも話している相手の喋るペースが、とても早かったら話の聞き取りが辛く感じてしまいます。早いペースで話されると、話の内容は正確に全ては聞き取れず、理解も曖昧になってしまうでしょう。

そこでデジヴォ。デジヴォは、再生される音声の再生速度を高速化させる機器です。デジヴォなら、0.3倍速の遅い再生速度から、4.0倍速の超高速音声の再生も可能です。

このデジヴォの高速再生機能を使い、早い音声でも聞き取れるように脳が慣れると、通常の会話速度が遅く感じられるようになります。

高速音声に慣れると、通常の会話速度が遅く感じる。

デジヴォを使った高速音声の聞き取りトレーニングは、脳の可逆性を利用した脳の力を引き出すトレーニングと言われています。非常に早い音声を聞いた後、通常速度の会話音声を聞いた場合、確かに遅く感じます。今までは「普通の会話速度」と思っていたのに、高速の音声を聞き続けた後に聞くと遅く聞こえる感覚は不思議です。

脳の可逆性を体験できるのは、高速音声の聞き取りの他に、「高速道路での運転から、一般道路への運転に変った場合」にも、脳の可逆性を体験して頂けます。

高速道路での運転の後、一般道路を走ると遅く感じる。

自動車の場合、高速道路での運転速度は100km/hですが、一般道路の場合60km/hなどです。

実際高速道路と一般道路との運転速度には大きな差がありますが、高速道路を出た後に一般道路を走ると、とても遅い速度に感じられますね。

100km/hで走行することに、脳が対応するため、一般道路での走行速度が遅く感じられると言われています。

高速音声を聞き取るトレーニングでも、脳の可逆性によって通常の会話速度が遅く感じられるようになると言われています。

通常の会話速度が遅く感じられるから、聞き取る能力が向上

早い音声は聞き逃してしまったり、聞いた内容が理解できないということもありますが、再生速度が遅い会話音声や、遅いと感じられる音声はハッキリと聞き取れ内容を理解できますね。

高速音声を毎日聞き早い会話にも内容聞き取り理解し、ついて行けるようになれば聞き上手。

会話能力の向上にも役立つと思います。

次のページは話速変換再生デジタルレコーダー


 

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子