「デジヴォ」高速音声の聞き取りトレーニング

早く再生される音声を聞き取り右脳開発

右脳の能力を引き出すための、高速音声聞き取りトレーニングができます。学校で教わる学習方法では、なかなか右脳は活用されません。

多くの人は、左脳を主に使い生活していると言われています。右脳を鍛えるには、右脳を活性化するのに適した、特殊なトレーニングをする必要があります。

高速音声の聞き取りトレーニングで右脳開発

会話の速度を速めると、脳は会話の速度に対応するために、脳の処理能力を早め活性化すると言われています。普通の会話なら、とくに意識しなくても聞き取り理解できますね。

会話の速度が2倍や2.5倍など、に早められると、なんとなく聞いているだけでは何を話しているのか理解できなくなってしまいます。

早ければ早いほど、聞き取りにくく、何を話しているのか分からなくなってしまいますね。しかし、高速の音声を聞き取りつづけ、高速で再生される音声を聞くことによって、高速の音声も聞き取るのに対応した脳になります。

高速の音声を聞き取れるようになれば、通常速度の会話の理解力も高まるでしょう。早い音声に慣れると、通常速度の会話がとても遅く感じられるようになり、聞いた音声の正確な理解も可能になると言われています。

右脳には、左脳の100万倍の優れた記憶力

左脳と比べると、右脳には100万倍の記憶力があると言われています。右脳は音楽や映像、想像、直感、閃き、イメージなどを司っている脳と言われています。

聞いた音楽を丸ごと記憶できる。見た映像や風景など、イメージを記憶できる脳です。クラッシック曲を聞きさまざまな情景を想像したり、イメージを膨らませられるような芸術を楽しむことなどにも、右脳は使われています。

右脳を使うイメージトレーニングや、高速音声の聞き取りトレーニングなどで右脳を活性化することは重要です。

右脳と左脳、両方の活性化が重要

左脳は普段の生活や、学校で教わる勉強方法でも活発になっているので、左脳のトレーニングは必要無い方も多いかもしれません。右脳開発のために必要な、特殊なトレーニングを行いましょう。

学校の授業、理論的思考や言語理論は左脳のトレーニング

理論的なこと、数字の計算などは、左脳を活性化させるトレーニングになると言われています。

左脳をトレーニングすることは、学校の成績を上げるためだけではなく、人が社会で生きていくのにも必要です。

普通の生活では殆どの物事を左脳で行い、右脳は殆ど使われずに右脳の持っている優れた能力を使いこなせないでいるそうです。

次のページは倍速再生できる音声


 

株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子